わたしたちに起きた、小さな奇跡・・・

わたしたちが、必ず年に一回は、今回の指宿や隣の開聞町へとキャンプに来るのは、
もちろん、景色や雰囲気が、リゾート感にあふれていて気に入ってることもあるし、
前回載せた、たまてばこ温泉が好きだということもあります・・・

キャンプするには、けっこう距離もあって、なかなか大変なのですが・・・

でも、他にも大きな理由があって・・・

IMG_3031.jpg

ここにお参りしたいからなんです・・・

「指宿海軍航空隊基地跡」

後ろは、キャンプ場からも見える魚見岳・・・
今回のキャンプ場と、管理している休暇村指宿との間の松林の中にひっそりとあるんです・・・

5年前、初めて指宿でキャンプした時、道路沿いに看板を見つけて、初めて行ったの・・・
その時も記事にしましたが・・・ その当時の記事

指宿の近くには、知覧町があって、陸軍の特攻隊基地跡に資料館などが整備され、
わたしもお仕事で、そりゃもう何回も、お客様や学生さんを、ご案内したものです

でも、ココはひっそり・・・お参りの人もいないし、もちろん資料館とかもないし・・・
それも、水上飛行機の特攻だったと知って、あー、そんな飛行機でも沖縄まで行ったのかと・・・

碑にはこう書いてあります・・・

君は信じてくれるだろうか
この明るい穏やかな田良浜がかつて太平洋戦の末期 
本土最南端の航空基地として琉球弧の米艦隊に対決した日々のことを
拙劣の下駄ばき水上機に爆弾と片道燃料を積み 見送る人とてないこの海から万感をこめて飛びたち 
遂に還らなかった若き特別攻撃隊員が82人にも達したことを
併せて敵機迎撃によって果てた 百有余人の基地隊員との鎮魂を祈ってここに碑を捧ぐ


琉球弧とは、南西諸島が弧を描いて並んでいるのでこう呼んだそうです・・・
そして、ここは極秘とされていて、たとえば知覧から飛び立つ特攻機のように、
女子学生が見送ったりなどはなく、見送りはひっそりとしたものだったとか・・・

5年前、初めてお参りして、後ろの海を振り返ったら、
たまたま、キャンプ場横の広場に来ていた大学生たちが、サーフィンしてて楽しそうな姿が見えて・・・

同じ年ごろの方たちだったであろうと思うと、急に、胸がキューーーンとして・・・
それから毎年、GWキャンプは指宿か開聞と決めて、帰りに立ち寄ることにしているんです・・・
今年は、今回も指宿でキャンプしたので、春秋と二回、来ることができました・・・

IMG_3030.jpg

今回は、サーフィンしてる学生さんたちはいなかったけど、
同じようにキラキラした海を見ていると、その時の気持ちを思い出しました・・・

そして・・・・・・・・・

お参りを済ませて、記念碑がある高台から階段を下りていると・・・
ブオーーーーン・・・と飛行機のエンジン音が聞こえ・・・
思わず空を見たら・・・飛行機が・・・・

IMG_3032.jpg

ダンナ様は、若い時の夢はパイロットと言うだけあって、飛行機を見ると大体何かわかるらしく・・・
「海上自衛隊の哨戒機だ・・・」と・・・
足を出して、低速低空飛行の訓練をしてるんじゃないかと・・・

IMG_3033.jpg

海上自衛隊の基地がある鹿屋に帰っていくのかと思って見ていたら、旋回し始めたようで・・・

山の影に入ったのですが、音はまだ聞こえていて・・・
ダンナ様が、「またこっちに来るよ・・」と・・・

IMG_3034.jpg

そしたら、魚見岳の上から、また出てきました
ちょうど真ん中らへん・・・飛行機、写ってますよね・・・

つまり、この基地跡の上空を旋回して・・・帰っていったんです・・・

なーんだ、そんなことかと思われるでしょうけど、
帰ろうとした時に、この哨戒機が飛んで来たことが、わたしたちにとっては、何か特別で奇跡的なことに思えて・・・

一緒に、お参りしたような・・・あの飛行機に乗ってた自衛官の人たちも、
ここを知って、その上空を飛んだのだろうと思い・・・感動してしまいました・・・
いや、もっと言えば、当時の特攻隊員の方々が、「またおいでね~」って言いに来てくれたような・・・
いやいや、それはないのはわかってますが・・・
あーーー、大げさですよね

でも、少しでも時間がずれると、こう言うとこは見れないし・・・・
それが、奇跡のように感じたんです・・・
キセキ・・なんて書くから、何のことかと思えば・・・ と笑われそうだけど~
わたしたちの、ここに対する思い入れがあるから、奇跡と思うんでしょうけどね・・・ヘヘヘ・・・

こう言うとこは、他にもたくさんあるでしょうが、全部を回ることはできないし、
わたしたちは、ここ担当(笑) ってことで、これからもお参り続けたいです

IMG_2991.jpg

じっさい、キャンプ場も、当時はその施設内で、倉庫などが並んでいたところのようですし、
平和にキャンプができる幸せを、特攻隊や基地の隊員の方々に感謝しています・・・

たった70年前のことなのに、今、こんなに幸せに過ごしているのは、
当時の方々の大きな犠牲と、国を思う心のおかげと、
戦後の復興期の日本を支えてきた、一人一人の方々のおかげであると、感謝しています・・・
それを改めて、肝に銘じた出来事でした・・・

これが、わたしたちに起きた、小さな小さな奇跡です・・・


なーんか、コメントしにくい記事と思うので(笑)、コメ閉じで~
拍コメも、お気になさらず~





にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村
スポンサーサイト