母のこと

今日は母の6回目の命日です・・

今日、4月4日は、わたしの母の命日・・
もう6年が経ちました・・・

IMG_1843_convert_20160403153220.jpg

なので、今年は7回忌・・
先週の土曜にご法事をして、そのあと、母が亡くなってからの春の恒例行事となった、
兄たちや兄の家族たちとの食事会をしました・・・

昨年と同じ、母が大好きだった料理屋さんで、少しだけ豪華なお昼を頂きました・・・

IMG_1857_convert_20160403153313.jpg

7回忌と言うことで、今回は母にも影膳を用意して下さっていました・・

偶然にも、昨年と同じお部屋で、昨年は曇って見えなかったのですが、
今年は、高台にあるこのお店の窓から、福岡タワーやドームの方まで見渡せました・・・

IMG_1847_convert_20160403153245.jpg

ウチの兄弟たちは、みんな、お酒が好きで強くて、わたしもその一員ですが(笑)、
それも、父母の遺伝子かしら・・・
父もお酒好きでしたが、もしかすると、強いのは母の方だったかもしれない・・
影膳には、乾杯のビールも注がれていました・・

一年ぶりに会う、兄、義姉たちや甥姪と、お酒を頂きながら、お話も弾みました・・・
もうね、6年もたつと父母の思い出話とかじゃなく、自分たちの近況報告ですね・・

わたしは、遅くにできた子供で、兄たちとは10以上の年の差もあるので、
甥や姪には子供もできて・・つまり母の、ひ孫です・・
その子達が、元気に無邪気に遊んでいるのが、かわいかったです・・・

一昨年までの命日は、母との思い出の場所を歩いてみたりしていましたが、
もう、わたしが一人で行けるような場所は行き尽くしてしまった・・(笑)
今度は、ダンナ様に頼んで、少し遠出してみようかな・・・

でも、どこに行かなくても、やはりこの時期になると、母のことを思うことが増えたりします・・
何かにつけ、あ、母はこうだった・・とか・・・
あ、母がこう言ってた・・ とかね・・・

今までは、亡くなる前、病院のICUで体中にチューブつけてたこととか、
そう言う姿ばかり思いだしたりしてたけど、
もう、そういうことはあまり思わなくなりました・・・

母は、父を見送ってからの数年間、最初は、それなりに落ち込み悲しんでいましたが、
母の兄弟や、ご近所の方、昔からのお友達や、わたしたちと、
おでかけしたり、旅行したり、お買い物に行ったり、気楽に楽しそうに過ごしていたと思います・・

でも、その前から発見されていた、腹部大動脈瘤が、だんだん大きくなっていることが分かり、
その、2か所の大動脈瘤のために、1年おきに2回の手術をしたのですが・・・
場所的なことなどもあり、一度に済ますのがかなり、リスキーだったのです・・・
1回目の時は問題なく、時間はかかりましたが、リハビリを経て元の生活に戻ることができました・・・

しかしそれから、母は、どうしても、もう一か所の動脈瘤が気になって、
いつ破裂するのか?、今、少し具合が悪いが、そうじゃないのか?
少しでも便秘になると、ちょっといきむだけで破裂するのではないか・・・?・・・

・・・・・と、お医者さんの経過観察を受けているのにもかかわらず、精神的にも弱くなってしまい・・・・

それを、わたしは、「大丈夫よ、ママはデリケートすぎる・・」
「そんな事を言っていたら、フツーの生活すらできなくなる・・」
「だらしない・・もっとしっかりして!」
と言っていました・・・

母は、しっかり者で明るい人だったので、そういう風になってしまったことが、
わたしには、受け入れがたいことだったんです・・・

叱咤されるのは、わたしであって、わたしが母に対して叱咤激励するようなこと、
そういうのがイヤだったんです・・・
わたし、本当に心がガキンチョです・・・

ウチのダンナ様から、「なんでもっと優しくしてあげないのか・・」と注意されたこともありました・・・

そして、母は、元々予定はしていましたが、リスクを承知の上で、
2回目の手術を受けることになったんです・・

そして・・・・
そのまま、なかなかICUから出られず・・・・・
・・・・色んな症状が併発してきて・・・・・
・・・・・・・・手術から2カ月少し経った日、そのまま帰らぬ人となりました・・・・

もう、若くなかったので、大きい手術は負担だったかもしれません・・・

でもね、あれほど動脈瘤の破裂が怖くて、つらい毎日を送るより、
一回目は大丈夫だったんだから、もう一回がんばろうと手術を決意したのは、母自身でした・・・

もう今は、それはそれでよかったのだと思っています・・・

ママ・・・
わたしは、子供がいなかったから、わたしの産んだ孫を見せてあげれなかったけど、
こうちゃんやえみちゃんたちが、いっぱいおばあちゃん孝行してくれたし、
かわいいひ孫まで作ってくれたよ・・・
でも、わたしは、ちっとも親孝行できなかった・・・
いつも、最後まで、甘ったれてただけだったね・・・

なのに、ママはいつも、無償の愛を注いでくれました・・・・
優しく理性的なママが、今もいつまでも誇らしく思います・・・

IMG_1864_convert_20160403153359.jpg

先週、今年も桜が満開になったよ・・・ お花見したかな・・・

IMG_1861_convert_20160403153336.jpg



今年のママの命日は、雨上がりでしっとり、穏やかな日・・・
ママのようだね・・・

ママ、ほんとうにありがとう・・・・・







スポンサーサイト

母の5回目の命日でした・・・

もう5年もたったんだな・・・と思っています、母が亡くなって・・・

今年はたまたま、ちょうど命日の日、私の方の兄弟会があって、
兄や義姉や、甥姪たちとお寺にお参りして、その後ランチに行きました・・・

P1050338_convert_20150406143629.jpg

お店は、母が大好きだった和食屋さんで、母が大事な行事の日などで利用していたお店でした・・・
法事や、お祝いとか・・・

P1050296_convert_20150406143334.jpg

みんな、お酒好きなので、飲みながら・・・

P1050315_convert_20150406143436.jpg

母もけっこう、飲める人でしたね~

P1050297_convert_20150406143407.jpg

P1050320_convert_20150406143524.jpg

ママ、こんな感じのお料理、好きだったな~

「これ、何かしら? おいしい・・・ どうやって作るのかしらね?」
とか言いながら・・・

母は長崎出身ですが、なぜか標準語でした・・・
学校の先生だったからかな~

P1050326_convert_20150406143552.jpg

これ、おいしかったですよ~
山菜をお鍋にして、卵でとじて頂くんです・・・

P1050317_convert_20150406143458.jpg

少し高台なので、このお部屋からは、ヤフオクドームやヒルトンシーホークが見えます・・・
ママ、あいにくのお天気だったけど、晴れてたらキレイなのにね~

今までの命日は、母との思い出がある場所などを歩いて、母を想いましたが、
今年は、にぎやかだったからか、母をしみじみ思いだすという感じの一日じゃなかったな

でもね、勝手だけど、もうそれでもいいんです・・・
きっと、ママは、私たちが集まって仲良くお酒を飲んでる様子を見て、
きっと満足だろうから・・・

P1050355_convert_20150406143703.jpg

母の命日は、ちょうど桜の時期・・・
母らしいなと思います・・・
今年はもう散り桜でしたけど、それもきれいね・・・

仕事を辞めたり、銀次郎が来たり、今年はママに色々報告があるよ・・・
あ、きっと知ってるかな~  なんでも見えていたりするのかな・・・
ダンナ様も、お仕事は忙しいけど、元気にしてるよ・・・
私は、元気・・・言われた通り、ダンナ様を大事にして、苦手な家事も頑張ります・・・
少しお料理も、できるようになってきたんだよ~

P1050276_convert_20150406153134.jpg

ママもパパと一緒に、桜見ながらお酒飲んだ?
パパも、もう、いっぱい飲めるね!

そうそう、お兄ちゃんから、私の仕草とか顔が、ママにソックリになってきたって言われたよ・・・
実はね、私もそう思ってたんだ(笑)
朝、顔洗ってると、ハッとしたりね・・・

ママ・・・ 優しく理性的なママが、私、すごく誇らしかった・・・
そこは、私、似てないね・・・

ママはいつも、心の中にいます・・・

ママ、本当にありがとう・・・


今回、コメ欄閉じてます










母の4回目の命日です・・・

今日、4月4日は、母の4回目の命日です。

ホントに早いものです・・・

2,3日前に、母が亡くなった病院に行く機会があったので、
母がいた病棟のところに行ってみました・・・

P1020747_convert_20140404135500.jpg

昨年と同じくらいで、桜は散り始め・・・

P1020748_convert_20140404135534.jpg

桜吹雪でした・・・

母が亡くなった時は、まだこの古い病棟しかなくて、
一階には、いかにも病院の食堂っぽいレストランがあって・・・

それしかないから、立って歩ける時は、コーヒー飲みに行ったりしてました・・・

前にも書いた気がしますが、
母の最期の言葉は、「コーヒー、もらおうか」でした・・・

ずっと人工呼吸器つけてて、身動きできなくて、意識も朦朧としてて、
のど、乾いてたよな、きっと・・・

母が亡くなった次の年に、病院に新館ができて、
街中のカフェみたいなレストランができました・・・

そこで、コーヒー頼んで飲みました・・・

P1020746_convert_20140404135251.jpg

こんなトコだったら、もっと喜んで行っただろうな・・・





昨日は、母と、よくランチしていたレストランに行ってみました・・・

今は大丸デパートの中ですが、前は福ビルの地下にあって、
前もここに移動してからも、度々行ったものです・・・

お買い物や用事で出かけた時に、お昼やお茶したり・・・

P1020757_convert_20140404135616.jpg

昨日の日替わりのランチのメニューは、鯛のポワレで、
ママも好きだったろうな~

しっとりして、優しい味でした・・・


4年前、母が亡くなった何日か後、
最後の病院代を払いに行ったのですが、
考えていたより安かったのです・・・

今までも、代わりに払いに行ってたので、
大体このくらいって言う目安があったのですが、
それより安かったので、計算書を持ってこられた係の方に、

「あれ、安いですね、どうしてかな・・・」

と言って項目ごとに見ていると、係の方が、

「あ、それは・・・」

と気づいたものの、言いよどんだ感じで・・・

でも、私もすぐに気が付きました・・・

食事代がゼロだったんです。

手術の後、最期のひと月以上は、ほとんど意識がなかったから、
ご飯なんて、食べれなかったから・・・

あの時はもう、涙がポロポロこぼれて・・・
たまらない気持ちになりました・・・


病院の食事じゃなく、お気に入りのレストランで、
大好きなものを食べさせてあげたかったな・・・

もちろん、コーヒーも・・・



母が亡くなってから、毎年命日や前後の日に、
思い出の場所を一人で巡って、色んな思い出をブログにアップしています・・・

来年は、どこに行こうかな・・・
ちょっぴり楽しみな気持ちにもなってきました・・・


母は、私が洋服や靴を買ったり、着飾って出かけたりするのが嬉しそうでした・・・

今年は命日に合わせて、ネイルサロンに行って爪をかわいくしてもらいました・・・

P1020764_convert_20140404135634.jpg

もし生きていたら、これを見せに行ったらニコニコして喜ぶだろうな~

その笑顔が思い浮かびます・・・


いつも、私の心の中には、優しい母がいます・・・


ママ、ほんとにありがとう・・・・・・








母の3回目の命日です・・・

昨日は、母の3回目の命日でした。

今年は、義姉や叔母たちと賑やかに納骨堂にお参りし、
一緒に楽しく、お昼のお食事を頂いて、
別れてから、また母の思い出の場所に行ってみる事にしました。

1年目の命日は、母が亡くなった病院などを、見に行きました・・・
2回目である昨年は、母が私を産んでくれた病院や、
子供の頃、住んでいた所を散策しました。

今年は、私が通っていた小中学校に行ってみる事にしました・・・

母は、よくPTAの役員などをしていたので、いっつも学校に来ていました。
私は、兄たちと年が離れているので、もう手がかかる子供は、
私だけだったからかもしれません・・・

近くには、市内有数の桜の名所の公園があります。

P1010154_convert_20130405165813.jpg

でももう、ソメイヨシノの見ごろはとっくに終わってて、
遅咲きの八重桜が、ちょっぴり残ってて、キレイでした・・・

学校の近くで、身近だったせいか、この公園でお花見した年もありました。

私の通った小学校と中学校は、同じ敷地の中にあります・・・

P1010153_convert_20130405165741.jpg

この藤棚の向こうに、小学校の校舎が・・・

P1010151_convert_20130405165707.jpg

反対側には、中学校の校舎があります・・・

今どきはもう、卒業生と言えど、簡単に学校内に入れないから、
外からチラッとのぞいてきました。

私立ではないですが、受験をする学校で、
試験で平均的な成績の子を上げて、その後、くじびきで合否が決まるシステムでした。

引くのは父兄で、ウチは母がくじを引きました。
合格が決まった時、私を見てとても嬉しそうだった表情を、今も覚えています・・・

サブバッグも上靴入れも、もちろん母の手作りでした。

母は、他の同級生のお母さんたちより、年齢が上だったから、
若くて、かっこいい洋服でスタイルのいい、同級生のお母さんたちが、
うらやましかった時もありました・・・

でも、母は、参観日や入学式とかには、着物に羽織で来てくれていました・・・
その時は、意識しなかったけど、
今思うと、それって、すごくステキな事だと思います。

考えてみると、小学校の時には、学校に頻繁に来てたけど、
中学になると、あまり来なかったような気が・・・

私、中学になると、成績がかなり悪かったし、あんましいい子じゃなかったから、
来にくくしてしまったのかもしれません・・・

ごめんね、ママ・・・
肩身の狭い思いを、いっぱいさせちゃったね・・・

そういえば、先月、パパの13回忌の法要を済ませたよ・・・
ちゃんと、お兄ちゃんたちがやってくれてるから、安心だね。

私はまだまだ出来てないヤツだけど、ダンナ様のおかげで、
幸せに、楽しく暮らしています。

パパと一緒に見ていてください・・・

きっと、まだまだハラハラするだろうけどね・・・

P1010150_convert_20130405165630.jpg

おととしの命日は、桜は咲き始めたくらいで、
昨年は、満開でチョイ散り始め・・・

今年は、もうほとんど散っちゃって、毎年違うんだね・・・

でも、青々した若葉が出てて、ツヤツヤしてキレイだった。
なんか、元気になるよね。

見てるかな・・・

ママ、ホントにありがとう・・・

















今日は二度目の母の命日です

今日、4月4日は、私の母が亡くなった日です・・・

もう2年、たちました。

昨日は、嵐だったのに、今日はとっても穏やかな春の日になりました・・・

IMGP0381_convert_20120404154043.jpg

昨年は、亡くなった病院や、最後に母が住んでいた所を訪ねました。

今年は、私が小さい時に住んでいた場所に行ってみようと思いました。

まず、母が、私を生んでくれた病院に行ってきました。

IMGP0376_convert_20120404153917.jpg

生まれた時、きっと、喜んでくれたでしょうね・・・

さすがに、その頃の事は覚えてませんが、
小さい頃、耳鼻科系の持病があって、母と、よくこの病院に通ってました。

IMGP0379_convert_20120404153942.jpg

家から、歩ける距離だったので、
お城の横の道を通って、この景色を眺めながら・・・

今日は、花見の人が、たくさん行きかってました。

母は、歌が好きで、近所の公民館のママさんコーラスに入ってました。

小さい頃は、よく練習について行ったっけ・・・

IMGP0380_convert_20120404154015.jpg

その公民館の花壇にも、かわいいお花が咲いてました。

驚いたのは、
私が小さい時、母についてお買い物に行ってた八百屋さんが、まだあったことです・・・

IMGP0382_convert_20120404154108.jpg

名前も変わってなかったし、たたずまいも同じでした。
何だか、嬉しくなってしまいました・・・

そして近くには、当時のままの酒屋さんも・・・

IMGP0385_convert_20120404154143.jpg

お酒が好きだった父の為に、いつも八百屋さんの帰りに注文して、配達してもらってました。

ちなみに、父の命日は3月3日・・・どちらも覚えやすいです。
亡くなって、もう10年以上がたちました。

お家があった所は、大きな通りがすぐ近くにあるのですが、

IMGP0391_convert_20120404154414.jpg

ちょっと坂道を上がった所にあって、静かな場所でした・・・

今はもう、大きなマンションになっていて、

IMGP0389_convert_20120404154313.jpg

まったく面影はありません・・・

ちょうど、この写真の真ん中あたりが、玄関だったと思います。

IMGP0388_convert_20120404154242.jpg

でも、このあたりに来ると、まだ若かった母がそこにいるように、
そこで交わした色んな会話を思い出し、姿がまぶたの裏に、よみがえってきました。

色んなことを思い出しながら、ゆっくり歩きました。

子供の足でも、1分で着くほど近くにあった幼稚園は、
門扉や園庭がそのままで、懐かしくて立ち止まってしまいました・・・

IMGP0390_convert_20120404154343.jpg

毎日、お弁当を作ってくれました。
お洋服も、バッグもスモックも、お手製でした・・・

先日、三回忌のご法事があったばっかで、お寺にも行ったのですが、
通り道だし、今日も、お参りに行く事にしました。

わたし的には、お寺にお参りしても、母と会えるような気はしないのですが・・・

お参りといっても、納骨堂なので、生花は上げれないし、
お菓子もお供えして置いてくるわけにはいきません。
ましてや、納骨堂のお仏壇って、ホントに小さいし・・・

今日は、小さな博多人形を置いてくる事にしました。

IMGP0373_convert_20120404153851.jpg

ホントは、これは私のつもりで、かわりに側に置いとこうと思ったのです。
実物は、こんなに小さくもかわいくもないんですけどね(^^;)

でも、見てると、これが母みたいな気がしてきて、
いっぱい、いっぱーーい、なでたりさすったりして・・・
置いてきました。

桜模様の着物を着てて、今の季節にピッタリです。

今日は、桜満開で、うららかないい日和でした・・・

母も、お花見してるかな?



ママ、ほんとにありがとう。