その他

東京みやげは・・・?

昨日、一年ぶりくらいかな、東京へ一泊出張より戻ったダンナ様・・・

おみやげ何がいいって、帰りの羽田空港から電話してくれたので、
「うん・・美味しそうなものなら何でもいい・・」とお返事したのですが・・・

IMG_5664.jpg

北海道のお店の、ウニ三昧の空弁だった(笑)

クッキーの方は、空港で今、イチ押しみたいな東京のお店のクッキーみたいだけど・・・
ウニ弁当は、フツーにうまかった
クッキーはまだ食べてないので、今日のオヤツに頂きます

今日は全国的に雨なのかな

朝、止み間を狙って、ララのおトイレ散歩に2,3分出ただけ・・・

退屈そうなおふたりさんは・・・

IMG_5666.jpg

ご飯もらって、お昼寝突入・・・

IMG_5667.jpg

今日は、お散歩行けないね~、きっと・・・
仕方ないね、明日からはお天気だから・・・  今日はガマンの一日・・・  オヒルネザンマイモ、イイヨネ・・・


今回コメ欄閉じてます・・・皆さまいい週末を~





にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

観光バスも変わったもんだ~

バスガイドを辞めて、2年半・・
今も、テレビで観光バスの事故や、ツアーの紹介とかあってると、つい興味持って見入ってしまいますが・・・

このまえ、朝の情報番組見てたら、イマドキは、すごい観光バスあるんですね~

IMG_5134.jpg

なんと、24人乗り・・3列シート
バスは大型なので、長さは12メートルですが、普通は45人乗りなんですよね・・・
わたしが若かったころには、49人乗りもありました・・・
それは、正シートの数なので、補助シート入れたら60人乗り

かなり狭いんですよね、座席間・・・でもそれに満席・・なんてけっこうありましたよ~

でも24人乗りで驚いちゃいけませんよ・・・

IMG_5130.jpg

10席

すごいなー・・・こういうバスで行くツアーは、やっぱり結構なお値段でしたけど・・・

でも、お客様方はみんなとても満足そう・・・楽しんでいらっしゃいました

車内ではリラックスして、移動時間はゆっくり寝て、観光地でゆっくり楽しむという感じ・・・
車内で、ずーっとバスガイドの観光案内を聞く・・なんて時代じゃないのかな~

わたしたちは、昼食後の少しの時間しかマイクを置かず、
ずーーーっと、案内しているのがいいガイド・・と言う感じでやってきたので、
わーーーー・・・ラクそう  と思ったり、ガイドなんていらないんだよねって寂しくなったり・・

時代も変わるよなぁ・・・観光バスも変わったもんだ・・・

そしてみなさま、ララのチッコの件、色々とアドバイスをありがとうございました
いつも本当に感謝しています・・・
あまり今後もひどくなるようなら、一回病院に行ってみようかなと・・・
昨年と同じ症状で、昨年は検査しても異常なかったので、様子見していましたが・・・

朝7時頃に朝んぽして、昼頃に一回短いチッコ散歩して、夕んぽして、夜寝る前にまた短いの行って・・・
今日あたりから、少し量も減ってきたような感じです・・・

このまま治るといいんだけど~

IMG_5131.jpg


今日は久しぶりに本格的に雨・・・  ホント恵みの雨ですよ、カラッカラだったので・・・
少しは植物たちも息を吹き返したかなぁ~

ではでは・・・今回コメ閉じで~




にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

少し、かわいそうだった話・・・

わたしたちが住んでいるマンションのすぐ近くに、小さな公園があります・・・
毎日のお散歩のスタート地点と言ったところで、近所のワンコ友達のみなさんが、
ベンチでノンビリおしゃべりしてたり・・・

わたしも、たまにララ銀の写真を撮ったり、雨が降りそうなときは、散歩をここで済ませることも・・・

IMG_4652.jpg

ここに今、2頭のニャンコが住んでるんです・・写真はないけど・・

もとは、近所のある男性の方が飼育してたニャンコたちらしくて・・・
事情は書きませんが、突然、亡くなってしまい・・お世話する人がいなくなってしまいました・・・
住処だった建物も、取り壊され、新しい建物が建ち、家を失って・・野良になってしまったんです・・

もう何頭かいたのだけど、けっきょく2頭だけが残り・・・
そして行き場がなくなって、公園に住み着くようになりました・・・

可哀そうなニャンコたちを、不憫に思う方も多く、ご飯を持って来たり、
公園の隅っこに、雨露をしのげるような箱を置いてあげたり・・・
ファンが多くて、ごはん持ってくる方も何人もいるので、健康優良児です

有志一同でお金を出し合って、避妊去勢もさせたそうです・・・
でも、いわゆる地域ネコにするには、もっとハードルが高くて、そこはなかなかできないとか・・・

でもとても大人しいニャンコたちで、ワンコのお散歩ついでに寄った人たちにも、慣れてるし、
引っかいたり怒ったり・・なんてことは、今まで見たこともありません・・・
人間とワンコと、同じ場所で寛いでいるくらいです・・・

ララ銀の散歩をさせていても、他のニャンコからは威嚇ポーズを取られることもありますが、
そのコたちは、ぜったいそんなことしません・・・
じーっと見るか、あまりにも近づくと、逃げていってしまいますが・・・

なのに、行政の方から、ニャンコがいるあたりに張り紙がされて・・・

「ネコにエサを与えないでください」
「構造物(← 居場所の箱や、小さな屋根がわりになるもの)を撤去して下さい」
「〇月〇日までに撤去しなければ、強制的に撤去します」 と書かれてて・・・

たぶん、誰か不快に思う人がいて、通報したんでしょうけど・・・
いや実は二回目なんですけどね~

なにが、そんなにイヤだったんだろう・・・・・

わたしは、べつに、猫が好きと言うわけじゃないですが、何をしてくるわけでもないので、
別に何とも思いません・・・・
ワンコと違って、ニャンコは勝手にウロウロしてるのもよく見るし、いいんじゃないかと思うけど

そのあたりにはしないのか、糞尿のニオイもしないし・・・
かえって、ワンコのウ〇チの放置が多いくらいです・・・

攻撃的なコたちでもなく、何も迷惑かけるわけじゃなかろうにと思うけどなー・・・

先週かな・・作業服姿の方が公園にいて・・よく見ると、撤去作業をされてました・・・

お家なくなって、雨も多かったし、濡れただろうなと・・・どこで雨をしのいでいたのかなとね・・・
可哀そうになってしまいました・・・

IMG_4222.jpg

これは4月の写真です

何か、わたしにはわからないとこがあるのかもしれないけど、
なぜ嫌なのかな・・・
ネコがイヤな人がいるのは理解するけど・・・公園の、ほんの小さな一画なんだけど・・・

可哀そうなコたちだって知ってるから、わたしそう思うのかな~

なんとも・・・閉めの言葉が見つからない・・・どうもすみません・・・
なんかかわいそうで・・・そう思った話でした・・・




にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

なぜ、あんなことを書くんだろう・・

今回はパピヨンもキャンプも関係ありません・・・
コメ欄もあけてません・・・でもどうしても言いたいことがあって・・・
なので、スルーして下さっていいですよ~



あの方が亡くなってしまわれましたね・・・
・・・心からお悔やみを申し上げます・・・

たまにブログも拝見してましたし、テレビなどで情報を得ることもあり、
みなさんと同じく、お気の毒に思い、快復してくれればいいなと思っていました・・・

かわいらしい盛りのお子様方の姿を見ると、子供がいないわたしでも、
そばにいてあげられないあの方の思いを、想像することができます・・・

望めば、たぶん日本で最高の医療を受けることができると思うので、
日進月歩の医療の世界・・・
もしかすると、何とか頑張ってくれている間に、革新的な新薬などができて、
治ることもあるんじゃないかと考えていたところもあります・・・

お宅に帰られたと聞き、少しはいいのかなと思ったりしました・・・

しかし、本当に残念な事になってしまい・・・

テレビやネットの話題を見ても、タレントさん、インタビューを受けたみなさん、
ほんとにみなさん、涙を浮かべて悲しんでます・・・わたしも同じ・・・

だって、あまりにも若くかわいらしく、そして幼いお子様方を残していってしまわれる・・・
つらい病状の中でも、ブログで前向きな言葉を発信して、多くの同じような状況の方々を励ましてこられたと思います・・・

なのに・・・
ある一部の方なのでしょうが、彼女や彼女のご主人や、彼女のお姉さまのことを、
悪しざまに書いたり、侮蔑したようなことを書く・・・

わたし、Yahoo!知〇袋とか見たりするのですが、
ウソの質問やだましたような質問で、彼女たちを揶揄するようなことを書く・・・

あんな状況にいる方々がご家族が、もしかするとそれを目にしたりできるかもしれない場所に、
そんなひどいことを書く
わたしみたいに、赤の他人でもムカついてムカついて・・・

人間なのかしら・・・
・・・と思います・・・

心の中で、またはごく限られた人しか聞こえないところで、
何を言おうと、それは自由なのかもしれないし、そこは仕方がないけど・・・
名前を素性も明かさず、なぜかそんなことを言って(書いて)しまうって・・・
卑怯にもほどがありますよね

わたしは、じぶんも拙いながらブログしてて、
みなさんの声にいつも励まされたり笑ったり、勉強になったり、思いなおしたり・・ってあるから、
ネットの世界って、ホントにありがたい今となっては大切な世界なんだけど・・・
こんなひどいことも起きてしまうんですね・・・
もう・・・なんか・・・怒りすぎて、頭がボーっとしてしまいました

あの方のブログの文章は、ずっと紹介されているので、わたしもよく目にします・・・
あのようななかで、あんなことを考え、書けることに驚き、尊敬します・・・

ご本人が書いていらっしゃるように、
あの方の人生は、夢をかなえて、愛する人と二人の宝物も授かり、愛し愛された、
豊かな幸せなすばらしい人生だったのですね・・・すこし・・・すこし短かったけど・・・

彼女のプロフィールが出てて、7月生まれと知りました・・・
ウチのダンナ様も7月なので、前に誕生花を調べたことがあって知っていたんです・・・

IMG_5509.jpg

(画像はお借りしました)

ユリです・・・いろいろ説はあるようだけど、ユリと書いてあるのが多かったので・・・
あの方にピッタリですね・・・
ご冥福を、お祈りします・・・











お別れに来てくれたのかな・・・

今回の話は、キャンプともパピヨンとも関係ない話です・・・
自分の思いを書き留めたいだけなので、どうぞスルーしてくださいね・・・

先日のGWキャンプの3日目の夜・・・お友達一家も撤収して、わたしたちだけになって・・・
夕食も終わり、片づけて、小さめの焚き火をしながらマターリとしてた時・・・

IMG_4536.jpg

ダンナ様のガラケーが鳴りました・・・通話用に持っているものです・・・
取ろうとしたら切れてしまい、名前を確認して、ダンナ様が「ん・・・!」と言いながら、かけ直しました

一年もならないのですが、昨年の夏ごろかな・・
ダンナ様の仕事仲間の一人の社長さんが、すい臓がんになっていることが分かったと知らせが来ました・・・
抗ガン治療を始めると・・・
仮にこれから、Aさんとお呼びしますね・・

ダンナ様にとっては、仕事先の方の中でも、特に大事な方で、
仕事がうまくいかないような時期も( そういう時期もあったんです・・)、前と同じように付き合ってくれて、
励ましてくれたりして下さった方です・・・

お年も、60代後半ということもあり、そういう病気だということもあり、
会社を閉めることになって、頼まれてウチのダンナ様が、それを手伝っていました・・・

お見舞いに行ったり、電話のやり取りもしていましたが・・・
もう末期の症状はどうすることもできず、余命宣告を受け、緩和ケアをしていらっしゃったそうです・・
最後にお会いして話したのは一ヶ月ほど前・・・
そのあとは、電話でも話せるような状況ではなく、Aさんの奥様とやり取りをしていて・・・

でも、奥様のケータイではなく、Aさんの番号でかかってきたので、「ん?」と思ったそうです・・・

やはり、その奥様から、亡くなったとの知らせでした・・・

親戚はともかく、仕事先の方にはGW明けにお知らせだけしようかと迷われたそうですが、
やはり○○さん (← ダンナ様のことです・・) にはお知らせしたくてということでした・・・

突然の死ではなく、覚悟の死・・時期もほぼわかっていたこともあり、ダンナ様も冷静に受け止めていました・・・
わたしは、2,3回、チラッとお会いしたくらいの方ですが、ダンナ様の想いを考えると、
やはり、しんみりしてしまいました・・・

その後の焚き火は、「何だか供養のようだね・・」と言いながら、Aさんの思い出話を少し聞いて・・・
早目にキャンカーに入って、休んだのですが・・・

朝、ダンナ様が見た夢のことを話してくれて・・・

夢の中でダンナ様は、Aさんに頼まれた仕事を、一生懸命していたそうです・・
PCで調べたり、電話かけたり・・・

そしたら、Aさんが現れて、手を握って、「○○くん!・・ありがとう!」とおっしゃったそうです・・
その手は冷たかった・・・
髪はなくて、坊主頭だったと・・・

その後は何か見た気がするけど覚えてない・・・その部分だけはっきりと覚えていると・・・

寝る前に、そんな電話を受けて色々思いながら休んだでしょうから、
その方の夢を見るのは、ありがちだと思うのですが・・・

何だか本当に、お別れを言いに来てくれたようだね・・・って、言いました・・・
ダンナ様も、そういう気がする・・・痛みや苦しみから解放されて、仏様になって来てくれた気がするって・・・

お天気が良くなってきたので、もう一泊しようかと思ったりしてましたが、
翌日はお葬式とのこと・・・
今日帰って、きちんと準備しようということになり、撤収することに決めました・・・

DSC_4443.jpg

わたしは、死後の世界を信じてないタイプですが、
今回の夢のことは、お別れに来てくれたような気がして・・・
ダンナ様も、少し気持ちが慰められたかなと思います・・・


ご冥福をお祈りいたします・・・